医療用ウィッグ

wig02

女性にとって「髪の毛」とは無くてはならない存在です。加齢(親の遺伝が大きい)だけでなく、過度のストレスや抗がん剤の使用などによる脱毛症によって失われてる方もいます。髪の毛が無くても生活はできます。しかし、それは職業の選択肢の減少や、いじめなどの精神的苦痛を伴うと私は考えます。

「実際の声」

―――

子供が円形脱毛症です。こんなにつらい病気があるなんて思ってもいませんでした。
かわれるならかわってあげたい。毎日抜けた毛髪を集めるたびに涙がでてきます。

―――

私は小学3年生の時から42歳の現在までずっと全頭抜毛症で苦しんでます。小学生から高校までいじめにあい、いつも頭を見られたり頭の事で馬鹿にされたりし、いつも回りが気になり勉強もできませんでした。今では髪型から判断されて就職にもつけません。職安に相談したところ難病に指定されてませんしと言われ一般の求人で探して下さいと言われました。障害のある方との仕事ならお互いに気持ちがわかりあえるとおもったのですが、精神的に生きていくのが疲れてきました。

―――

髪がないだけ。それで沢山のものをなくしてしまうこともあります。
命にかかわらないため軽視される傾向があると思いますが、とても辛い病気です。

―――

とても多くの方が悩み、苦しんでいます。
私がウィッグを買う理由はただのコスプレ用ですが、
そんな悩み、苦しんでいる方を少しでも笑顔にいてくれる「医療用ウィッグ」というものもあります。

「医療用ウィッグを使用した方の感想」

(50代女性)
私は、子供の受験と両親の介護が重なり、精神的なストレスから脱毛がはじまりました。
3年過った今でも、少しはえては抜ける症状を繰り返しております。
帽子を被る生活にも慣れた頃、息子からプレゼントされたのが医療用ウィッグでした。
いつか自分の髪が揃う日を、このウィッグと共に待ちたいと、明るい気持ちで毎日を過ごしております。

(70代女性)
娘はまだ40代ですが、癌になってしまい抗がん剤治療を行っていました。 その中でどんどん髪の毛が抜けていき、それに比例して娘の家族への対応がピリピリしたものになっていきました。抗がん剤治療のしんどさももちろんありますが、それ以上に自分の外見がどんどん変わっていくのに、相当なショックを受けていたようです。そこで、娘にしてやれることは何かないかと思い、医療用ウィッグの存在を知りました。娘に話したところ、かつらなんて・・・、といった反応だったのですが、好みのスタイルを決めて注文し、実際に届いた商品を見ると、私も娘もびっくりしていました。それほどすばらしいできであった、ということです。
それから娘に笑顔が戻り、そして鏡の前に座ることも多くなりました。

(20代女性)
友人が病気で髪の毛がどんどん抜けていってしまいました。私の前では特に気にしているふうもなく、気丈にしていますがやはり髪の毛が抜けてしまっていることは気にしているふうでした。私が医療用ウィッグの存在をインターネット上で知り、資料を友人に渡しました。本当は、その資料を渡して友人が喜んでくれるかどうか心配だったのですが、その資料を見たときに、ぱっと友人の顔が明るくなったのを今でも覚えています。それからはどの会社にするかを一緒に選んでいましたが、まずは無料試着がある会社を優先的に選択し、無料試着を行った上でどの会社にするかを決めました。カット(アレンジ)も丁寧に対応してくれる会社を選ぶことができましたので、友人が望む髪型にすることができました。なにより、友人の笑顔が増えたこと、それが一番よかったことです。

(50代男性)
妻は最初自分で医療用かつらを購入しましたが、なかなかいい出来ではありませんでした。妻はその愚痴を私にいいつつ、でもかつらってそんなものだろうという半ば諦めムードで納得させていました。しかし、そんな妻を見て少しでも力になりたいと思い、インターネット上でいろいろと調べたのですが、医療用かつらも会社によって作りや素材が違ってくるようで、妻の選択した医療用かつらが、たまたま出来の悪い会社のものなのかもしれない、と思い再度別の会社の商品を注文しました。結果は妻も私も満足するものでした。

古希を迎え、年齢からくる薄毛の悩みにウィッグを購入

kiju77

毎日健康的な生活を送る事ができ、無事に古希を迎える事ができました。これといった大きな病気をする事もなく、70歳まで来られたのは非常に喜ばしい事ですが、私はちょっとした悩みも持っていたのです。古希を迎えた私は、後頭部が薄くなっているのが気になっていたのですが、やはり年齢も年齢という事もあり、少しずつ薄毛が目立つようになってきていました。以前はボリュームがあって髪型も自由に楽しめていましたし、ボリュームのある髪の毛が私のちょっとした自慢でもあったのです。

娘がいますので相談をした事もあるのですが、その際に勧められたのがカツラです。今は良いカツラがあるようで、「使ってみたら?」とも言われたのですが、カツラにはあまり良い印象を持っていなかったですね。その事を娘に伝えてみたら、「それならばウィッグはどう?」と勧められたのですが、ウィッグと言われると悪い気がしないのは不思議なものですね。カツラと言うと隠すイメージですが、ウィッグというとオシャレに聞こえる気がします。カツラを被っているとなんだか恥ずかしい気持ちになりそうな気がしていましたが、ウィッグを付けているのはカツラを被るよりも気持ちの面でも楽に感じられますよね。

ウィッグなら私も使ってみたいと思い、娘と一緒に販売店を探したり、試着をしてみたりしたのですが、実際に装着をしてみると思ったよりも抵抗なく付ける事ができましたね。はじめは気持ちの面でも抵抗があったのですが、それ以上に装着しただけで薄毛が隠せる効果がとても魅力的でしたし、また、自然に見えるのも驚きでした。こういった人工的な髪の毛はもっと不自然な見た目になるイメージを持っていたのですが、装着してみるととても自然でナチュラルな印象でした。本物の髪の毛のような質感がありますし、きっと見た目で人に知られてしまう事はないのだろうなと感動すらありましたね。

すぐにウィッグの虜になった私は今では実際に使っているのですが、実用をするとなると最初はやはり少し不安もありました。外出した時に取れてしまったら困ると思っていましたし、友人に会った時にも指摘されてしまったらどうしようという気持ちもありました。ですから初めてウィッグを装着して外出をする時にも緊張感があったのですが、でも実際に外出をしてみると終始しっかりと固定されていましたし、誰にも怪しまれる事もなかったですね。それどころか薄毛を隠せているという安心感を持つ事ができ、薄毛が理由で外出に抵抗がある気持ちも全くなくなったように思います。

もちろん今でもウィッグを使用していますが、今ではファッション感覚で楽しめるようになりました。以前を薄毛を隠したい気持ちがありつつもウィッグの装着には少し抵抗がありましたが、今ではウィッグなくして外出するのが不安なほどです。ウィッグによって気持ちも明るくなったように思いますし、ウィッグを使うようになって本当に良かったと思っていますね。

喜寿の姉もウィッグで悩み解消、人前で明るくなりました

kiju77

私の姉は昔から美意識の高い人でした。ファッションには一倍気を配るような人ですし、髪型やお化粧なども常に万全であり、手抜きをしてしまいがちな私からすれば、ある意味とても尊敬できる性格です。そして姉の凄いところは喜寿を迎えた年齢になっても身嗜みに気を遣うところです。私は早い段階で身嗜みに気を配る事を忘れてしまったほどですが、年齢が上の姉は未だに身嗜みに気を配るような状態でした。

そんな姉ですので見た目の事に関してはとても気にするのですが、ある時に私が気が付いたのが人が後ろを通る度に気にしていた事です。後ろに人が立つ事をまるで避けるかのように姿勢を変えてみたりしている様子があったのですが、私はすぐにピンときました。きっと姉は薄毛になった後頭部を見られるのが嫌なんだと。

実際にある時に姉に聞いた事があるのですが、やはり薄毛になったのが辛いようでした。確かに姉は髪の毛をとても大切にしている人でしたし、きっと薄毛になってしまった現実はとても辛いものなんだとしみじみ感じていました。また、いつからか少し性格が暗くなったようにも感じていましたが、もしかしたら薄毛が原因になっているのかな、と私も何となく考えましたね。

そんなに気になるのならと思ってウィッグを勧めたところ、姉は少し抵抗があるような心情のようでした。被って隠すのは男性でも抵抗があるようですし、喜寿を迎えたとはいえ女性の場合でも抵抗があるのかもしれません。私自身も被って隠すとしたら、慣れない内は少し後ろめたいような恥ずかしいような気持ちになりそうな感情もありましたね。

それでも姉の為と思い、手軽だし簡単に付けられるのでウィッグはどうかと勧め、実際に使用するようになったのですが、今では頻繁に付けっ放しの状態になっています。私としては外出する時だけに使用すれば良いのでは?という気持ちもあったのですが、美意識の高い姉ですので付けっ放しにしておきたいようです。ですから毎日のように装着している状態ですが、お陰で姉の性格も明るくなったように感じますね。特に人前に出る時には笑顔が増えたような気がしますし、薄毛がどれだけ姉にとって悲しい状態だったのかがようやくわかったような気がしました。

ウィッグを装着するようになってから姉にとって欠かせない存在になっているようですが、手軽だし簡単に付けられるので、そういったシンプルさが姉にとっても良かったようですね。きっと手間が掛かるようならこんなにも使用する事はなかったと思いますし、ウィッグは姉にとって救世主のような存在なのかもしれません。

因みにウィッグを同世代の仲間たちからも羨ましがられているようです。薄毛が気になるのならウィッグを付けている事を秘密にしておけば良いのにと思いますが、薄毛が隠せるのがとても嬉しいみたいでわざわざ友人の前で外して見せたりしているようです。手軽だし簡単に付けられるので友人にも付けさせたりして楽しんでいる姉でした。

髪にも寿命はあるのです、ヘアケアで長生きさせよう

shampo01

髪の毛の存在を大切に考えている方は多いと思われますが、できればいくつになってもヘアースタイルのお洒落を楽しめた方が嬉しいものです。そして髪の毛の健康状態や寿命を変化させる要因として生活習慣や遺伝もありますが、遺伝はしょうがないとしても生活習慣は改善できますよね。ですから髪を大切に考えるのなら生活習慣をしっかりと整えていく事をお勧めしますし、いつまでもボリュームがあり美しい髪の毛を保てるように努力してみましょう。

ではどんなヘアケアを行っていけば良いのかと言えば、大切なのはやはり頭皮のケアをきちんと行う事ですよね。今までのヘアケアの方法と言えば髪の毛を中心にケアするのが定番でしたが、現在では髪の毛よりも頭皮のケアをしっかりと行った方が美しい髪の毛を育めるという考えが広まっています。その為、シャンプーなんかも頭皮のクレンジング効果を持っているものだったり、頭皮に栄養を与えるような機能を持っているものが増えていますよね。それだけ頭皮ケアが大切という事ですし、日頃のケアを行ってこそ美しい髪の毛もキープできるはずですので、まずは頭皮の健全性を維持するように心掛けましょう。

また、シャンプーの方法もとても大切ですので、正しくできているのか確認してみる事をお勧めします。基本的にはごしごしと強く擦ったりしない事が大切ですし、マッサージをするような感覚で洗った方が良いとされています。そしてすすぎをしっかりと行う事も大切ですので、こういったポイントを意識しながら洗ってみると良いでしょう。

shampoo02

育毛剤や頭皮用のローションを活用するのも大切ですね。髪の毛の健康状態を左右する要因として生活習慣や遺伝もありますが、育毛剤などを活用する事によって生活習慣の乱れなどで影響を受けた頭皮の健康状態も良くなりますし、こうした工夫も髪の毛の為にも重要です。ただ、育毛剤などは頭皮に適したものを使うようにしないと却って負担になるような事もありますので、よく選んで活用するようにした方が良いと言えます。

health01

髪を大切にする為にはヘアケアも重要ですが、やはり普段の生活を見直す事も大切ですよね。例えば食事内容に気を配るのも髪の毛の為に大切ですが、食事内容に気を配る事で太く丈夫な髪の毛が育ち易くなりますし、食事についての生活習慣は改善できますよね。

そしてしっかりと眠る事も重要なポイントです。髪の毛に影響するのは生活習慣や遺伝もありますが、睡眠時間が短く髪の毛の成長を阻害するような状態は特に良くありません。やはりしっかりと眠った方が毛根の活動も高まり、健康的な髪の毛が育つものですし、睡眠の時間を整えるといった生活習慣は改善できますよね。

このように髪の毛の為には頭皮ケアをしっかりと行うと共に、きちんと生活習慣を整えていく事が重要と言えます。頭皮ケアだけを一生懸命に行ったり、生活習慣だけを整えて頭皮ケアが疎かになるようでは髪の毛の健康状態も良くなりませんので、多角的に髪の毛の健康に向けて工夫をしてみましょう。

古希のお祝いは70年前の新聞を添えて祝おう

古稀のお祝いは、70歳という長寿を迎えたことをお祝いします。70歳という年齢は誰でもがなれるわけではありませんし、70年も生きるということは、それだけ長い人生を送ってこられたことを意味します。その間には、様々な出来事に出会われたことでしょうし、それは楽しいことばかりでもなかったはずです。だから、晴れて古稀を迎えることができたということはとてもめでたいことです。そのため、古来より身内などが集まってお祝いをすることが風習として続いてきました。
一般的に、古稀のお祝いには紫色のちゃんちゃんこや座布団を用意することが習わしとされてきましたが、もちろんお祝いの品としては別に用意しておくものです。個人の好みも様々ですから、贈って喜ばれる品物を選ぶことが大切です。例えばお酒が好きな方であれば、お祝いのために特に選んだお酒を贈るのもよいでしょうし、花が好きな方ならば、当人の好きな花の鉢植えなどを贈るのも喜ばれるものです。しかし、古稀のお祝いというのは一生において一度しかないことですから、特別なお祝いにするために、当人の生まれた70年前の新聞を添えて贈るというのも喜ばれるものです。もちろん、その当時の新聞そのものは手に入りにくいものですが、現代ではその紙面を電子媒体に記憶して、必要な日の紙面を新たに印刷することも可能であり、そのようなサービスも行われています。古稀のお祝いの席に生まれた日の新聞を見ることができれば、忘れていた遠い日々のことも思い出され、長寿のお祝いがひとしお喜ばしいものとなるでしょう。

↑ PAGE TOP